空論戦術-2:石割戦術

====================================================
まず、このカテゴリでは軍として勝利することだけを目的とした際に
仮に一つの軍がこの戦術を取った場合、単純理論で考えるとどうなるかを仮定しています。
あくまでも机上の空論であり、実際の演習で起きうる不確定要素を考慮していない為
まったくもって根拠のないDistanceの寝言ですので予めご了承下さい。
====================================================

今回取り上げるのは軍として勝利する為に一番手っ取り早そうな点数の伸ばし方から
石割を主体とした戦術を一つの軍が徹底して実施した場合どうなるか考えてみます。

まず演習場では対PCに勝利しても2点にしかなりません。
正直得点源として対PCからの取得点数は苦労に報われない数字だと思います。
一人のPCを倒すより、そこらのガーネット(赤い宝石)を二つ壊す方がよっぽど楽です。

で。結論から言います。
仮に参加者50名の軍の全員が一人150点ずつ取った場合。
その軍は1位になる確立が高いと思います。


30分で150点。単純に10分に50点5分ごとに25点ずつ取れるとします。
5分で25点ならいうほど苦労のない数字に見えませんか?
石割にしてエメラルド(緑宝石)5個、ガーネット(赤宝石)25個です。
またはアクアマリン(青宝石)12個+ガーネット1個でも構いません。

通常のペースで他の三軍も同等、または自軍よりも多い人数であったとします。
仮に全員が5分で25点というノルマを30分間達成し続けた場合どうなるでしょう?

この戦術を用いた上で、演習で最悪のパターンを考えみます。

・最初の像破壊は考えないものとする
・D軍が常に自軍の像を破壊する。
・他軍が自軍像を沸いてから破壊するまでに1分かかるものとする。
・他軍は5分で300点ずつ何らかの方法で得点を伸ばす
・複雑化してしまうため今は他軍の像がbreakされて得点減少が起きないものとする

自軍は稼ぐだけ稼ぐけど毎回せっかくの点数を掻っ攫われるという最悪パターンです。

自軍A  他軍B  他軍C  他軍D(破壊軍)

1250  300   300   300  (5分時点全軍像ありとする)

938   300   300   612  (6分時点でD軍が自軍像をbreak(±312))

2188  600   600   912  (11分自軍像3度目のポップ)

1641  600   600   1459 (12分時点でD軍が自軍像をbreak(±547))

2891  900   900   1759 (17分時点自軍像4度目のポップ)

2168  1200  1200  2482 (18分時点でD軍が自軍像をbreak(±723))

3303  1500  1500  2782 (23分時点で自軍像5度目のポップ)

2478  1500  1500  3607 (24分時点でD軍が自軍像をbreak(±825)

3728  1800  1800  3907 (29分時点で自軍像ラストのポップ)

2793  1800  1800  4839 (30分時点でD軍が自軍像をbreak(±932))

自軍を破壊し続けたD軍が圧倒的大差で勝利するわけです。
しかしフシギとこれだけ壊されても2位の位置につけています。

ちなみにこの事象が起きる確立は限りなくゼロです。
なぜなら自軍を破壊し続けるD軍の像が破壊されないという事は
普通に考えればありえません。多少防衛を実施したとしても2~3回は割れるはずです。
と、なるとやってみると意外と1位にしかならない気がしてきませんか?
B軍,C軍という不確定要素があることがここの肝です。

普通に考えれば1軍だけが像を破壊し続ける事はありませんし
他軍像が割られないこともありません。
仮にBかC軍が一回でも自軍像を破壊すると順位は変わる可能性があります。
でも自軍の得点はどこに破壊されようが2800点くらいは維持できるみたいです。
それも6回も他軍に割られて尚この状態です。実際の演習で1つの像の平均ブレイク回数は
大体5回(最初の1回を除く)
上記パターンでどこか1回自軍像breakが減り、D軍が最低でも2回は何処かのタイミングで
像をbreakされるとすると、、、おそらく1位は自軍になっているはずです。(たぶんですが)

演習では自軍像がブレイクされる瞬間の得点が

自軍得点x0.75%>他3軍で最高得点軍の得点+自軍得点x0.25%

の状態を維持できれば間違いなく1位になれるのです。
自軍得点をもっと高める為に石割してみるのもいいかもしれません。

ただこの戦術は
・全員がノルマを達成できるだけの石が沸くか?
という問題があります。
実際に現場で実施したとしておそらく本当にみんなの協力を得られても
理想系の50~60%程度の達成率にしかならないと思います。
例えそうだったとしても、この机上ほどうまくいかなかったとしても
石割を効果的に戦術に取り入れるとより1位に近づけるのではないかと思います。

以上,Distance机上の空論でしたっ
[PR]

  by distance_eco | 2006-11-23 01:35 | 机上の空論

<< 空論戦術-3:防衛戦術 空論戦術-1:ルールの再確認 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE